文科省「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」HPCI戦略分野2「新物質・エネルギー創成」

計算分子科学イニシアティブ(CMSI)計算分子科学研究拠点

お問い合わせ

文字サイズ

基盤ソフトウェアについて

ホーム > 基盤ソフトウェアについて > 大規模並列量子化学計算ソフト SMASH

大規模並列量子化学計算ソフト SMASH

主な計算手法・機能 量子化学計算(Hartree-Fock、DFT、MP2エネルギー計算及び構造最適化計算)
同様なアプリとの違い
  • ナノサイズ分子(数百原子系)の計算がルーチンワークに!
  • 100ノード、1000ノードでも高い並列効率を維持
サポートプラットフォーム 京、FX/10、PCクラスター(Linux)、PC(Linux)
ライセンス条件 Apache License 2.0(オープンソース)
推奨プリポスト ParaView(オープンソース)で分子軌道を表示可能
公開日 2014年9月1日公開
webサイト SMASH-QC

ソフトウェア性能

PC一台

  • GAMESSとの比較(Xeon 2.53GHz1ノード利用)
  • taxol(C47H51NO14)のHartree-Fock計算時間(秒)
  GAMESS SMASH
6-31G(d)(1032基底) 706.4 666.6
cc-pVDZ(1185基底) 2279.9 1434.3

GAMESSより
5%~40%高速

京コンピュータ

  • (C150H302(cc-pVDZ,4500基底)のB3LYP計算
  • 10万CPUコアで計算時間 154秒、並列加速率 50500倍

ページトップへ戻る