文科省「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」HPCI戦略分野2「新物質・エネルギー創成」

計算分子科学イニシアティブ(CMSI)計算分子科学研究拠点

お問い合わせ

文字サイズ

基盤ソフトウェアについて

ホーム > 基盤ソフトウェアについて > 和周波分光解析プログラム Calnos

和周波分光解析プログラム Calnos

主な計算手法・機能 分子動力学シミュレーションに基づいて、界面和周波発生 (SFG)分光スペクトルを非経験的に計算し、解析する。
同様なアプリとの違い 同種のプログラムは存在しない。国際的にユニークである。
サポートプラットフォーム FX10、PCクラスター(Linux)
ライセンス条件 バイナリ・マニュアル提供

Calnosの概要と成果

水表面 実験(Raymond, 2002)

  • 実験計測との共同研究
  • 液体界面構造解析への応用

上記については、以下の新聞で紹介されました。

  • 日経産業新聞 2011年9月23日
  • 日刊工業新聞 2011年9月23日

Calnosでできること

PCクラスターで

  • 水、氷表面
  • 電解質溶液の気液表面
  • 有機分子液体の界面

京で

  • 電極表面構造
  • 有機薄膜、高分子表面
  • 液液界面の構造と反応機構

ページトップへ戻る