文科省「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」HPCI戦略分野2「新物質・エネルギー創成」

計算分子科学イニシアティブ(CMSI)計算分子科学研究拠点

お問い合わせ

文字サイズ

シンポジウム案内

ホーム > シンポジウム案内 > TCCI 第5回産学連携シンポジウム

文部科学省「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」
HPCI戦略分野2「新物質・エネルギー創成」
計算物質科学イニシアティブ(CMSI)
計算分子科学研究拠点(TCCI) 第5回産学連携シンポジウム
産応協「第34回スーパーコンピューティング・セミナー」
計算物質科学人材育成コンソーシアムセミナー(分子科学)
~「次世代電池」(ポストLIB)の取り組みについて~

開催主旨 日本が今後も産業立国として世界をリードして行くためには、企業における研究者、技術者と国公立研究機関や大学の研究者が情報を共有し、相互の研究の一層の進展に役立てる必要がございます。国公立研究機関や大学の研究者が企業での研究課題から学ぶことも、研究機関での成果を民間企業で活用して頂くことも必要と考えております。また、新しい技術につきましては、それを理解し利用できる人材も必要となります。
 産学におけるこのような情報共有を、計算分子科学の分野で行うため、TCCIでは下記のように産学連携シンポジウムを開催致します。今回は、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会及び計算物質科学人材育成コンソーシアム(分子科学)にお願いしまして、掲題の企画で共同開催とさせて頂きました。是非ご出席の程よろしくお願い致します。
日時 2016年1月19日(火) 13:00~17:00 及び 懇親会
場所 東京大学 武田先端知ビル 5階 武田ホール
場所:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html
アクセス:http://www.denki.or.jp/committee/nuc/takeda_map.pdf
主催 分子科学研究所 計算分子科学研究拠点
スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協/ICSCP)
計算物質科学人材育成コンソーシアム(分子科学)
協賛 京都大学触媒・電池元素戦略研究拠点(ESICB)
公益財団法人計算科学振興財団(FOCUS)
参加費 無料(但し、懇親会は5,000円)
懇親会 東京大学 向ヶ丘ファカルティハウス レストランアブルボア
場所:http://www.abreuvoir.co.jp/_include/img/mapreal.jpg

参加登録

参加登録はこちらから→

※TCCI関係者のみ予算の範囲内で旅費の支給を致します。(先着順)
※CMSI雇用の方は雇用元にて旅費手続きをお願いします。

参加お申込締切

2016年1月12日(火)

講演プログラム

座長  

セッション1:ご挨拶

13:00-13:05 開会の辞
高塚 和夫(分子研/東大院総合文化)
13:05-13:10 ご挨拶
斉藤 真司(計算物質科学人材育成コンソーシアム/分子研)
13:10-13:15 ご挨拶
(産応協)
13:15-13:20 セミナー概要に関する挨拶
(産応協)

座長  

セッション2:全体展望

13:20-14:00 「ポストリチウムイオン電池の元素戦略と研究動向」
岡田 重人(九大先導物質化学研)
14:00-14:40 「二次電池内プロセスに関する第一原理計算研究の展開」
館山 佳尚(物材機構)
14:40-14:55 休憩

座長  

セッション3:民間における研究事例(課題と展望)

14:55-15:35 「リチウム二次電池から次世代電池へ―現状の課題・限界と新たなアプローチ」
佐々木 厳(豊田中研)

座長  

セッション4:アカデミアにおける研究事例

15:35-16:15 「次世代リチウム・ナトリウムイオン電池用電極材料」
藪内 直明(東京電機大)
16:15-16:55 「濃厚イオン系における電気伝導度の全原子レベル解析」
松林 伸幸(阪大院基礎工)
16:55-17:00 閉会の挨拶
(産応協)
17:00-17:30 休憩・移動
17:30-19:00 懇親会
(場所:東京大学 向ヶ丘ファカルティハウス レストランアブルボア)

※講演プログラムは、予告なく変更される可能性があります。予めご了承の程よろしくお願い致します。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 〒444-8585 岡崎市明大寺町西郷中38
分子科学研究所 計算分子科学研究拠点事務局(TCCI)
電話 0564-55-7074
FAX 0564-54-2254
0564-55-7074発信音の後53
E-mail tcci-office

※上記の後に「@yfep2.ims.ac.jp」を補完してください。

ページトップへ戻る