文科省「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」HPCI戦略分野2「新物質・エネルギー創成」

計算分子科学イニシアティブ(CMSI)計算分子科学研究拠点

お問い合わせ

文字サイズ

シンポジウム案内

ホーム > シンポジウム案内 > ポスト京に向けたTCCIインフォーマル研究会

文部科学省「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」
HPCI戦略分野2「新物質・エネルギー創成」
計算物質科学イニシアティブ(CMSI)
ポスト京に向けたTCCIインフォーマル研究会
 ‐社会的な貢献を考えた計算分子科学の研究課題;5年後を見据えて‐

本研究会は終了致しました。
多くの皆様にご参加頂きましたこと、御礼申し上げます。

日時 2014年5月21日(水) 10:00~18:25頃まで
※5月22日(木)から名大にて開催される理論化学討論会初日の前日に行います
当日の写真
場所

名古屋大学(東山キャンパス)ES総合館 ESホール
〒464-8603 名古屋市千種区不老町
アクセス:http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/access/

主催 分子科学研究所 計算分子科学研究拠点
参加費 無料
開催趣旨  平成26年度の予算としてポスト京(エクサスケール・コンピュータ)の開発の予算が付き,理研AICSが中心となり開発が始まっております.ポスト京についてもアプリケーションが重要なため,ハードの開発開始と併せて,取り組むべき社会的・科学的課題の選定が始まります.昨今この流れが急速に進んでおり,化学・分子科学の将来においてもきわめて大きな影響を与えると考えられる動きが,国のレベルで進んでいます.
 TCCIでは,次世代の研究環境を高いレベルで整備しておくことも一つの役割ではないかと認識しており,組織としての残り2年間にはそれに関わる作業のお手伝いをしておく責任を感じています.それは,次世代の研究者の研究課題やあり方に直接方向性を出す,あるいは,TCCIが調整して研究課題の応募に当たる,などというものでは全くありません(研究課題への応募は各研究者個人あるいはグループで為される方向になるだろうと思われます,それに対してTCCIが何かする,と言うことはありません).先生方と「学生」の研究環境を含めて,研究の「場」は自ら高めていくものであると同時に,TCCIとしては,次世代によってなされるであろう自発的な研究環境の構築のきっかけが提供できればと考えています.
 このような考え方に基づき,今回のインフォーマル研究会を行います.日程上,皆様のご都合をお伺いする余裕がなく誠に申し訳ありませんが,是非,ご参加の程よろしくお願い致します.

参加登録

参加登録はこちらから→

※TCCI関係者のみ予算の範囲内で旅費の支給を致します。(先着順)
※CMSI雇用の方は雇用元にて旅費手続きをお願いします。

参加お申込締切

2014年5月18日(日)

講演プログラム

座長 岡崎 進(名大院工/分子研)

セッション1:展望と多体系方法論

10:00-10:25 開会の辞およびポスト京について
高塚 和夫(東大院総合文化/分子研)
10:25-10:30 ご挨拶
中辻 博(量子化学研究協会研究所)
10:30-11:00 課題提案1
「次世代コンピューターによるIngenio計算物質科学の実現を目指して」

杉本 学(熊本大院自然科学)
11:00-11:30 課題提案2
「科学できるプログラマーとプログラミング環境、プログラムできる科学者」

関野 秀男(豊橋技科大院情報・知能工学系)
11:30-12:00 課題提案3
「物質デザインのための確率論的手法に基づく量子多成分系手法の高度化」

立川 仁典(横浜市大院生命ナノ)
12:00-12:30 課題提案4
「マルチスケールシミュレーションを展開して進むマクロ化学現象の計算分子科学」

長岡 正隆(名大院情報科学)
12:30-13:50 昼食・休憩

座長 榊 茂好(京大福井センター)

セッション2:環境と触媒

13:50-14:20 課題提案5
「分離のゼロエネルギー化を目指す計算分子科学」

松林 伸幸(阪大院基礎工)
14:20-14:50 課題提案6
「水資源の高度利用への計算化学の取り組み」

森田 明弘(東北大院理)
14:50-15:20 課題提案7
「エネルギー・環境問題解決に資する大規模理論計算先導型革新的触媒開発への挑戦」

○武次 徹也(北大院理)
 長谷川 淳也(北大触媒セ)
 中井 浩巳(早大先進理工)
15:20-15:50 課題提案8
「グリーンケミストリーに向けた省資源高効率触媒の開発」

奥村 光隆(阪大院理)
15:50-16:10 休憩

座長 高塚 和夫(東大院総合文化/分子研)

セッション3:バイオと病理

16:10-16:40 課題提案9
「ナノバイオ分子デザイン」

 林 重彦(京大院理)
○望月 祐志(立教大理)
16:40-17:10 課題提案10
「感染症」

篠田 渉(名大院工)
17:10-17:40 課題提案11
「相転移」

松本 正和(岡山大院自然科学)
17:40-18:10 全体討議
18:10-18:25 本日のまとめ
榊 茂好(京大福井センター)

※講演プログラムは予告なく変更される可能性があります。また、課題提案番号は順不同です。予めご了承の程よろしくお願い致します。

お問い合わせ先

お問い合わせ先 〒444-8585 岡崎市明大寺町西郷中38
分子科学研究所 計算分子科学研究拠点事務局(TCCI)
電話 0564-55-7074
FAX 0564-54-2254
0564-55-7074発信音の後53
E-mail tcci-office

※上記の後に「@yfep2.ims.ac.jp」を補完してください。

ページトップへ戻る